「ほっ」と。キャンペーン

被災地の救い方 久保雅文 資産運用

久保雅文 久保雅文の被災地ボランティアで笑顔を
被災地の救い方 久保雅文


こんにちは、久保雅文です。

被災地にはたくさんの人が救いに行こうとしています。

しかし、そんなに大人数で行ってしまうと逆に被災地が困ります。

まずは人の命を救うことができる人、「役に立つ」人が現地へ到着できることが最優先であります。

人命救助のプロではないという人は「何かできることがあるかもしれない」と思ってもむやみに被災地へ向かうべきではありません。

被災地へのルートを混雑させないことが重要です。

たとえ現地へ到着できたとしても救助の現場や避難所を混雑させることになり、「ミイラとりがミイラに」ということにもなります。

災害の経験がないという人は特にそうです。

災害ボランティアの経験がある人、被災地で必要とされるかもしれない技能や技術がある人でも、現在はまだ役に立てる段階ではなく現地へのルートを混雑させてしまう段階だと考えます。

相手先の受け入れ態勢が整うのを待って「必要とされたら行く」ようにしてください。

以上、久保雅文でした。

次回は、未定です。


[関連記事]
久保雅文先生 被災地支援について 久保雅文

[関連タグ]
久保雅文 億の富の作り方 久保雅文久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ !
久保雅文
画像

[旬のワード]
春高バレー ももち 水谷望愛 月下老人 懲戒処分 そばもやし 鉄拳 Java 菊池桃子 京都橘

[PR]
IT弁護士によるネット誹謗中傷対策・法律相談ジャスティスジャッジメント
[PR]
by e9j6zvy2 | 2013-01-12 23:49
<< 被災地支援に久保雅文が被災者の... 久保雅文先生 被災地支援につい... >>